ピアノを売るなら相場

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


ピアノを売りたい人へ

私はピアノ調律師という仕事をしています

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ピアノの買取相場を知ろう

もう使わなくなった不要のピアノ。

部屋のインテリアになっちゃっている家庭が多いんじゃないでしょうか?

また引越しの時に思い切って処分したい人もいると思います。

でも中古を処分するのにもお金がかかる。。。うーん困った!

それならいっその事、中古を売ってさらにお金が貰える方がはるかに良いですよね?

でも中古っていくらなら売れるのか?売るにも買取価格や相場ってまずわからないですよね?

そんな時に中古を売るなら買取相場を知った方が良いですよね?

では具体的に高額で売る方法を教えますね。

というか一番手っ取り早く売るなら、いくつかの買い取り業者で一括で査定してもらって、その中から一番高額の値段をつけた業者に申し込んで売るのが一番早いと思いますよ。

一括査定する理由は、いくつかの買い取り業者で買取価格を比較できるので買取相場がわかるのです。

実は私も以前持っていた古いピアノを友人に無料であげてしまったのですが、あとで買い取り業者の事を知って、試しに査定してみたらけっこう良い値段がついたのです。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

だから友人に無料であげる前に買い取り相場を少しでも知ろうと思っていればこんな事にはならなかった!

だから古いピアノでも査定してもらえば、十分値段がつくのがこの時にわかったのです。これって案外気がつかない人が多いんじゃないかな?

そして友達に売りたい人がいたので、ネットでの買い取り業者の一括査定を教えたのです。

そして選んだ買い取り業者に問い合わせしてみたのですが、その買い取り業者は大変対応が良くて見積もりも納得する値段がついたので頼みました。

そして取引もすぐに終わり、無事に売る事が出来て、お金もすぐ貰えました。

この事でわかるのはあきらめずに一括査定してもらいましょう。予想もしない値段で買い取ってもらえますよ。

つまり売るならば、まずは一括査定をしてもらっていったい自分のピアノがいくらで売れるのか相場を知るのが一番だし安心して売ることが出来るのです。

またこの文章を読んでいるあなたには一括査定をして買取相場を知ろう!知れば安心して売れると思うのです。

ピアノの一括査定のメリット

最初にサイトタイトルの、ピアノを売るなら相場を知ろうは元々お客様からの質問を元に考えたタイトルなのです。と言うのは買う時には値段がはっきりしていますけど、あまり売る機会ってないですよね?

だいたい先生ならいざ知らず、たぶん一生に一回あるかないかだと思います。

私みたいな職業(調律師)についていれば査定の機会が何回もありますけど、一般ににはそういう機会があまりないと思います。だからなかなかいくらで売れるかなんてわからないのです。

だからもし近くの楽器店に査定を出しても相手のいいなりの値段で売ってしまうと思うのです。もし色々なところに査定を出せば高値で売れたものを。。。(;´д`)トホホ

そういった意味でも一括査定のメリットを思いっきり利用するのです。つまりピアノを売るなら一括査定をして実際の買取相場を知ろうという意味なのです。

また一括査定を利用する事によりかなり売る時の手間が省けると思います。また専門の運送屋さんがいて、その運送屋さんの費用とか色々かかりますからわからないだらけで、楽器店に連絡しても、いいなりになってしまうのですねー!

ピアノ調律師の独り言

ここではピアノ調律師の独り言を書きます。長文です(^-^;

楽器の王様と呼ばれているピアノ。これから熱く語ります。

だいたい弾かなくなって不要になったら考えるのはまず売る事を考えると思います。

特にいくらで売れるのか相場はいくらか気になると思います。もちろん処分しても良いですけど、処分にはお金がかかりますからねー。愛着のありますから。できれば処分ではなく売却できれば良いと思うのです。

それにどうせ売るなら高く買い取って欲しいと思うのです。まあこれは当然の話しですよね。

ところで日本の主なメーカーではヤマハ(YAMAHA)機種名:U2・U3・U3H・B113・C3・U1・UX・カワイ(K.KAWAI)・アポロ・アトラスなどなどが聞いた事があると思います。まあだいたいは日本のシェアを考えると、ほとんどがヤマハかカワイだと思います。まあ世界にはたくさんのメーカーがありますが。元々西洋の楽器ですから。

またメーカーによって売る時の買取価格相場は多少は変わり、売却する時の値段が変わる時もありますが、だいたい中古の状態かも査定に関係するのです。例えば鍵盤が重いとか動かないとか。でも実は調律師が手を加えれば邯鄲に鍵盤を軽くする事ができるんですよねー。

つまり調律師が、引き取った中古のピアノを楽器店から依頼を受けて修理・調律したりするので古くてもそれほど心配はいらないのです。これは中古車と同じだと思います。技術者が手を加えればよいだけですからね。

そういう私も今まで何台も修理・調律してきました。

でもいざ売るとなるとその値段や買取相場が気になるものですよね。

そして中古を売るとなるとなかなか色々とわからないことだらけですよねー。でもどうせ売るなら楽器店などに高く買い取って欲しいと思いますよね?

前にも書きましたが調律師の立場からも高額で売るなら一括査定に申し込むのが一番合理的で早いと思います。買取価格や買取相場を比較できますから。

ところで前にも書きましたが処分するとなるとお金がかかります。

ところで買取相場は?その価値を知って売りたい!

もし買取相場で高く値段がつくなら高く買い取りしてもらいたい!どうせ売るならなるべく高額買取してもらいたい!

そして売るなら高く売るのがベストです。もちろん高額で引き取りしてもらいのは人情。気持ちはよくわかります。でも値段がわからないのが一番のネックなのです。だから一括査定に申し込むのが一番早いと思います。

ところで一時ブームになった30-40年前の古いピアノも家庭にはけっこう多いと思います。これが部屋の置物になっていたりするんだよなあ。

用語解説!ところでアコースティックのアップライトが全盛(ちなみにアコースティックとは簡単に言うと自然の楽器。つまり電子ピアノじゃないという事です。そしてアップライトは縦型で一般的に普及しているものです。ちなみにコンサートに使われているのはグランドピアノです。)の時代で、調律の仕事も大変多い古き良き時代でした(笑)。

ところでよく聞かれるのはアップライトの相場・中古相場ですが大きさにもよりますけど、新品のアップライトの場合は価格がだいたい安いので20万円。高いのでは100万円を越すタイプもあります。(海外のメーカーが多いですけど。)

ではアップライトの買取相場は?これもかなり幅があり一概に言えないところですね。

もちろんスタインウェイなどは何千万円もするタイプがあります。俗に言うフルコンサートグランドピアノというタイプです。

まあ我々調律師はだいたい修理・調律が主で、処分や買い取りは業者がする場合が多いのです。

まあせっかく高いお金を出して購入したものだから、売る時にはできるだけ高価で買取してもらいたいのが人情。

でも他の製品(特に電気製品)に比べて経験上、けっこう高額買取してもらえる製品だと思いますよ。

つまり中古は高く売る事ができる相場の製品と言えるでしょう。なんと言っても引き取り価格に他の製品に比べて満足する人が多いと思います。

また売る時には型番や消音ユニットの有無などが多少は査定に関係するのです。(まああくまで多少ですが)

つまり引き取り業者の引き取り料金は業者によりかなり幅があるのです。これは他の製品についても言えるのですが。業者の下取り相場も幅があると言えるのです。

まあ金額的にはけっこうな値段が張る楽器ですからね。だから調律師の立場からすると売りたいなんて聞きたくない(笑)。

また自分の地域の情報を見たい人のために地域別にまとめて見ました。日本全国でも地域事に、県別などさまざまなカテゴリ分けをしています。

ところで練習をしてもなかなか上達しない人にとって上手く弾けるようになるコツはあるのですか?という質問を受けた事があります。

結論から言うと上手く弾けるようになるのは個人差もあるし、早く弾ける人はあまり練習しなくてもあっという間に弾けるものなのです。

つまりコツはあってないようなものなのです。これは芸術関係に関して一般的に言えることなのです。まあ才能が大きく関与していると言えるのです。

とは言うものの結局長い間弾かなくなったピアノは部屋のインテリアにしてはけっこう大きいし、そうなると回収や処分、もしくは引き取りを考えている人が多いのですが、やはり買取りしてもらのが一番良いと思うのです。

専門家のわたしが言うのもなんですが、もし売ったら他の人が買ってまた新たな弾き手に弾いてもらうのが一番だと思います。

けっこう需要がまだまだあるので。また最近では海外に輸出し売りに出す場合も多いので。理由はまだまだ日本に比べて普及率が低いので海外ではかなり需要があると思われるのです。

それにネット一括査定はもちろん無料なので、どんどん依頼しましょう。業者により売値がかなり幅がある事を知ることが出来ますし、価値も知ることができます。

以前ブームになった時に音楽教室も盛況になりましたし、生徒もかなりの数になりました。しかし時代が変わり、どんどん生徒数が少なくなり、今では以前習っていた人が再度習う場合など。

他にも一曲だけ弾けるようになりたい人、例えば代表的な曲は「エリーゼのために」だけを弾けるようになりたいとかそういった形で音楽教室も変わってきたのです。もちろんいきなりショパンの「幻想即興曲」を弾きたい!なんて言う人もいるみたいですが。

またテクニック的には毎日練習すれば徐々に上達しますが、感情表現は個人差があり、この個人差についてはいわゆる芸術性なんて大げさな言葉で表現されていますが。

最新の情報を追加しました。調律師という専門的な立場からさまざまな角度で分析しています。つまり日々感じている事や日頃疑問に思っている事も追加しているのでかなりお役立ち情報になったと自負していますので良かったら見てくださいね。

またこれからも日々疑問に思った事や新しい情報があればすぐに追加して皆様に披露したいと思っています。今回またまた最新情報を追加しました。調律師の立場からどんどん専門的に書き込みを追加して行きたいと思っています。