フローラピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


フローラのピアノの買取価格が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

フローラのピアノの買取価格が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったフローラのピアノを売りたい

でも古いフローラのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のフローラのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

フローラピアノを買取してくれる業者

最初にフローラピアノを買取してくれる業者の見つけ方について書きますね。

あんなに高い値段で買ったピアノでも、一度弾かなくなると悲しいかなもう不要になってしまう!

部屋に置いていてもけっこう邪魔になるし、引越しのついでに売る人も多いわけです。

だから家にあるフローラのピアノもこの際売ってしまえ!と考えても不思議ではないわけで。

でもヤマハや河合などの有名メーカーならともかく、フローラのピアノを買ってくれる業者がいるのか?

そう思うのも無理はないですね!気持ちは分かります!

まして処分するとお金を取られるので出来たら売ってしまいたい!

そんな時に利用すると良いのが、ネットによる一括査定です。

この一括査定はフローラのピアノの見積もり査定を複数の業者から一度に貰う事が出来ます!

つまり見積もりを貰ってその中で一番高い値段をつけてくれた業者に売れば一番高く売れるわけです!

しかももちろん無料で利用できるので、売却を考えている人は一括査定を利用しましょう!

つまりどこの業者が一番高い見積もり査定額をつけるのか知れば良いわけですね。

だいたい処分を検討する人も多いのですが、処分にはお金がかかる場合が多いのでやはりまずは見積もりをもらうのが一番と考えます。

フローラピアノについて

あまり耳なじみがないフローラピアノというメーカー。今から簡単に解説しますね。

実は調和61年に廃業した浜松のピアノメーカーで代表的な機種はEarl Windsor(アールウィンザー)やエマーソンピアノ(KU-2)で、浜松には他にも中小のピアノメーカーがあり、職人気質の技術者が手作りで作成しています。

私も調律師という技術者なので、手作りのピアノ製造にかけた思いはとても理解できます!

頑固なまでの職人肌でハンマーから各部品まで細かい部分まで神経が行き届いています!

もちろん実際に業者に売るとなるとそこの買取担当者の考え方にもよりますが、海外に輸出する事を主にした業者だと日本製ピアノと言う事でまだまだ高値がつく可能性があります!

なので前にも書きましたが売る予定ならばネットで見積もり査定を貰う方が良いと私は考えます!

私事ですが、実際にウィンザーのピアノを一回だけ調律した事があるのですが、特に他のピアノと変わる事がなく調律が出来ました。

若干ピッチが下がっていたので、少しピッチを上げて調律したのですが、特に他のピアノと変わる事がなく調律を終えました。

そして調律を終えて演奏をしてみたのですが、音は自分的には大変満足いったと考えています!