ピアノ買取 青森県青森市

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


青森県青森市でピアノ買取価格が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

青森県青森市でピアノ買取価格が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

青森県青森市でピアノ買取の相場が知りたい

青森県青森市でピアノ買取の相場が知りたい人。

ピアノ買取について青森県青森市で楽器店に連絡するのってちょっと面倒!

だからネットで一括査定を申し込みましょう。まずは相場を知る事から始めましょう。もちろん地域事に対応してくれますよ。

⇒ピアノを高く売るには?

青森県の青森市でピアノを売りたいと思っている人は、今まで弾いていた中古で20年以上前に発売されたヤマハやカワイなどのモデルの買い取り価格を一括査定に依頼して知りましょう。というのは調律師からすると各販売店や楽器店に一軒ずつ連絡をするよりは一度に複数の販売店に見積もり査定を貰って一番高い値段をつけた楽器店に売れば高く売れるわけです。

つまり30年以上前に販売したモデルでだいぶ痛んで来ているけど、今はヤマハのアップライトタイプのピアノであるU1を青森県の青森市の販売店に売りに出そうとしている人から相談を受けたのですが、調律師としては相場よりも高い値段で売るにはまずはピアノは木材で出来ているから保管常態が査定金額にかなり影響する事を伝えました。

と言うのは風通しが悪いと湿度が溜まり弦が錆びてきたり、鍵盤の動きが悪くなるからです。しかも弦が錆びても蓋を全部開けないと中の様子が分からないわけで調律師が蓋を開けて初めて弦が錆びているのが分かるのです。

つまりピアノ調律師は時々青森県にある楽器店の人に同行して見積もり査定を行う事もあるのです。だいたい蓋を手際よく開けられるのは調律師じゃないとなかなか難しいし、案外鍵盤蓋は重たいので。

しかも例えばヤマハの中古ピアノU2の買取相場は2万円程度になる可能性がありますが、調律師が中を見て弦が錆びていないでしかも鍵盤がスムースに動き、外装に傷が少なければもっと高い値段がつく可能性があるのです。つまり高い値段で売れる可能性が出てくるわけです。

ところで青森県の青森市で買取業者にヤマハの人気機種のU3Hを売りたいと思い、相場を聞いてみるとだいたい5万円ぐらいの値段がつくみたいだけど、その前に一度ネットの一括査定を利用して複数の楽器店からの買取価格を調べると安いところでは3万円で高いところでは85000円の値段がついたのにはびっくりするみたいです。

ところでカワイの中古モデルの場合とヤマハの中古モデルでU1という製造してから30年以上経ったモデルだと相場も違うし、業者の買取価格もかなり幅が出てくると思う。これは調律師の経験からですが、外見だけを見て丁寧に扱っているお客様か分かります。ただ実際に弾いてみると音が篭っていたり、響きが悪かったりする場合もありますが、これはモデルにより特性が違うからしょうがない事なんですけどね。

ところで海外の有名ブランドであるグランドピアノの最高級品であるスタインウェイなどは先生じゃない限りなかなか所有していないのですが、もちろん買取価格も100万円近くするモデルも多いのでこれは別格の話しです。調律師としても調律を一度だけ先生の家でした事があるぐらいでスタインウェイはなかなかお目にかからないものです。

ところで前にも書きましたが30年以上前の古い機種だと青森市の買取業者におけるおおよその買取価格というのはメーカーにもよりますし、保管状態にもよりますけど、外装の傷が少なく、開けた時に弦が錆びていないし、まして鍵盤を打鍵した時に簡単に沈むという良品の場合には例え中古でも相場よりも高い金額で買取してくれる可能性が高いです。

しかも調律師が少しだけ手を加えるだけで新品に近い状態ならば尚更、青森県にあるどこの楽器店や買取業者も欲しいわけですから、高い査定金額をつける可能性がとても高いですね。しかも一番気になるのはやはりお客様にとっては傷だと思いますので、再塗装をする手間が無いというのはかなり査定金額がアップすると思います。

ところでヤマハやカワイ以外の国内の楽器製造メーカーやモデルで例えばディアパソンやアポロなどは市場でも人気なので状態が良ければ製造年月日にもよりますが、相場よりも高い値段で買い取りしてくれる可能性があります。つまりメーカーに関わらず状態が良ければ青森市の買取業者や楽器店は相場よりもだいぶ高い値段で買取りしてくれるわけなのです。

つまりヤマハやカワイの有名ブランドでも状態が悪ければ相場よりも安い値段がつく可能性がありますし、他のメーカーでも状態が良ければ相場よりも高い値段がつく可能性があります。ところで良い状態と言うのは調律師の立場からするとピアノの弦が湿度の影響を受けてなく錆びていないし、結露もしていないので現に錆がない状態です。

しかも中の部品も特に交換する必要がなく、外装も目立った傷がないので再塗装をする必要がない状態の事をいいます。まあ20年以上前に製造されたモデルだとなかなかそんなに良い状態のピアノを少ないのですが、大事に使っていて居間に置いてあり、湿度の影響を受けていなく時々鍵盤蓋を開けて空気の流通を良くしていたりするとたとえ中古でもあまり劣化しないで済みます。

また私たち調律師が青森県の楽器店の中古ピアノの買取担当者とよく話しをするのですが、だいたい鍵盤蓋を開けて鍵盤が欠けていないか、中のハンマーフェルトに深い弦の溝が出来ていないか、どの程度修正すれば良いのか調律師なら一通り見れば分かります。

なので、もしハンマーフェルトに深い弦の溝が出来ていたらその溝がなくなるまでハンマーを削って調整して最後に一本一本ハンマーに硬化剤を塗ってそして針を刺して音質を調整します。かなり手間がかかる作業で一日がかりですね。つまり青森市にある楽器店の倉庫で調律師は買い取りした中古ピアノをひたすら新品に近づけるために調整するわけです。