ヤマハのU1Hのピアノ買取相場について

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


ヤマハのU1Hのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

ヤマハのU1Hのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったヤマハのピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いヤマハのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ヤマハのU1Hのピアノ買取相場と価格について

かなり古いタイプですがヤマハの初期に発売されたU1Hの中古のピアノ買取相場と価格について調律師という専門家の立場から色々と書きますね。

性能:
ヤマハのU1Hについて
まずは外観からですが幅が150センチで高さが120センチあります。けっこう高さがあるのです。そして何と重さが約200キロ!重たいのです。そして色はスタンダードな黒のツヤ塗りです。この黒のツヤ塗りと言うのは多分一般的に一番多いカラーだと思います。
まず特徴として一番大きなポイントは音の響きや音量が十分であり、特に初心者からプロのレッスン用に広く使われているタイプです。
確かにもうかなり古いタイプなのですが、今も人気があり、音質や音量で安定感がある評判が良い定評のモデルなのです。だから広く家庭に普及したのです。よって使わなくなってしまった台数も多いというカラクリなのです。

ちなみにヤマハのU1Hの中古の買取りの相場と価格はだいたい下は45000円ぐらいから上は55000円ぐらいまで幅があります。そんなに幅があるとは思わなかった人も多いと思います。

そして、え?意外と買取価格について高く感じませんでしたか?つまりヤマハの初期型であるU1Hみたいにかなり古いタイプのモデルなのに中古でも高く売れるとは?と思った人も多いのでは?見積りをもらうまでは案外気が付かないポイントなのです。

そうなんです。今はヤマハのU1Hぐらい古いモデルでも意外と高く売れる時代なのです。と言うのは最近ではどんどん海外に輸出するので多少高く買い取りをしても一編に輸出して儲けるのです。これは私たち調律師もお手伝いしています。

だいたい家庭に置いてある20年以上前のヤマハの初期に販売されたU1Hぐらい古いピアノの場合にはまずもう弾く人がいない場合が多いと思います。実際問題としてほこりをかぶっている場合が多いし最近蓋すら開けてないし、誰も弾く人がいないし、しかも部屋に置いていても場所ばかり取るし。もうーそこまで嫌わなくても(笑)。

人によってはヤマハのU1Hをどうせ見積りをもらってもと価格的にはほぼ値段がつかないと思って、そんな時に無料でもいいから知り合いとかにあげちゃう人もいると思います。でも前にも書いた通り、実は古くても意外と高く売れるんです!だから是非見積りをもらい楽器店に買取りしてもらいましょう。

またもし処分を依頼してもお金がかかります。そんな出費をするぐらいなら、せっかくならヤマハのU1Hを楽器店に買取りしてもらいせめてお金になる方法を選択した方が賢い方法と言えるでしょう。つまりまずは業者なり楽器店に見積りをもらえば案外高く売れることに気が付くと思います。

つまりヤマハのU1Hぐらい中古でも今は値打ちがありかなり期待が出来るという事なのです。まさしくあきらめないで!(笑)。つまりもし本気で弾きたいのならグレードの高いタイプにすれば良いわけで実際にグレードの高いタイプにする人もいるぐらいですから。

それほどタッチとか弾きやすさはメーカーや機種、そして部屋の状態によってだいぶ変わるものなのです。意外かも知れませんが部屋の湿度とか弾きやすさに関係してきます。つまりなるべくなら乾燥している状態(あまり乾燥しすぎても良くないのですが)が良いのです。

だいたいヤマハのU1Hの中には30年以上前に製造された機種もありますからピアノの買取業者も機種の状態を見て、買取価格を決めます。もちろん買取相場よりも高く買い取りする場合もあるし、低い金額で買取りする時もあります。

ところでなぜ20年以上前のヤマハのU1Hの中古ピアノが相場よりも高い金額で買取りしてくれる楽器店があるかと言うと調律師の立場から書きますが、意外と年数が経っていても保存状態が良ければ少しの手入れだけで新品に近い状態になるものです。もちろん細かい傷も再塗装をすればかなり綺麗に仕上がります。

そして楽器店が引き取りした後には調律師が音を合わせたり蓋を開けて中の部品類を調整するのですが、ちゃんと手入れをして時々蓋を開けて湿気を出して良い状態で保管している家庭ならかなり高額で楽器店も買取りしてくれるのです。

つまりほどほどが良いのですが、そのほどほどの湿度にするのに先生の場合にはずっとエアコンをかけて一定の湿度にしている人もいるぐらいですから、湿度による影響が大きい楽器と言えるのです。

だいたい元々ヨーロッパの一年中乾燥している地域で育まれた楽器ですから、日本みたいに高温多湿の国では特に湿度に対して気を使う必要があるのです。だから人によっては中に乾燥剤を入れている家庭もあるぐらいですから。

⇒高く売る方法とは?