ピアノ買取 滋賀県

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


滋賀県でピアノ買取価格が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

滋賀県でピアノ買取価格が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

滋賀県でピアノ買取の相場が知りたい

滋賀県でピアノ買取の相場が知りたい人。

ピアノ買取について滋賀県で楽器店に連絡するのってちょっと面倒!

だからネットで一括査定を申し込みましょう。まずは相場を知る事から始めましょう。もちろん地域事に対応してくれますよ。

⇒ピアノを高く売るには?

まずは滋賀県の楽器店や業者に中古ピアノを高く売りたいと思っている人。まずは最初に相場やピアノ買取価格を調べましょう。調律師から見ると買取相場が大体1万円ぐらいと思ってもいざ見積もりをすると3万円以上の値段がつく時もあります。これは鍵盤の動きとか弦が錆びていないとか外装に傷が少ないとかさまざま条件がありますけどね。

また滋賀県に住んでいるお客様の中には大分古いし売る前に処分を考える人がいますが調律師の視点からするともったいないと思う。だって処分にはお金がかかる時が多いし、楽器店にまず見積もり査定を貰っていくらで売れるのか確かめた方が良いと思う。

特に最近ではネットの一括査定を利用して滋賀県にある複数の楽器店やピアノ買い取り専門の業者に一度に見積もりを貰って一番高い値段を付けてくれたお店に売れば良いわけです。この方法なら自分で各楽器店に連絡しなくてもパソコンやスマホ、そしてタブレットがあれば家にいながらにして24時間見積りが貰えるわけです。

だいたい一度音楽教室に通うのを辞めるとまず家で弾かなくなります。手入れもまずしないし掃除もしないから。だから引越しの際に売る人もいますが、ネットの一括査定に申し込むと各楽器店の見積り額がばらばらなのに気がつきます。ここでヤマハのU3Hを例に取ると、滋賀県にある楽器店では見積り額が5万円だったのに他の楽器店では7万2千円の買取価格をつける事があるわけです。

ではなぜピアノ見積もり査定額が滋賀県の各楽器店によりばらばらかというと調律師という専門的な立場から答えますが、まずヤマハを引き取り店頭に並べたい楽器店はヤマハを見積もりする時に少し値段を高く設定するのです。もちろんこれはカワイも同様でやはり少し見積もり査定額を高くします。

では楽器店でなく買取りが専門の業者の見積もり査定額の傾向はと言うと、例えばディアパソンとか他の中小のメーカーの機種でもたいがいは引き取りした後に海外に輸出する場合が多いので、メーカーに関わらず値段を高めに設定する時があります。つまり滋賀県にある輸出専門の買取業者は100台以上集めて一度に海外に輸出するわけですから台数がとにかく欲しいわけです。

しかも最近は国内では安い中古のピアノでも売れないので海外の輸出用に業者が買い取りする場合が多いものです。まだ海外では需要がありますからね。ヨーロッパは本場ですのであまり需要がないのですが、アジアではまだまだ輸出しても需要があるものです。だから滋賀県にある輸出専門の買い取り業者が存在するわけです。

ところで楽器店や輸出専門のピアノ買取業者が引き取りした後はどうするのか?実はこの後に調律師が手入れをして中古を新品に近いぐらいに手を入れるのです。手順としてはまず外装の傷をチェックします。そして傷があれば修理して最後に塗装をして黒の光沢を出すために掃除をするのです。

もちろんたいがいは滋賀県の楽器店の場合にはバックヤードか倉庫があり、そこでピアノ調律師は作業をします。買取専門の業者の場合にはたいがい大きな倉庫がありそこで調律師が手入れをするのです。でも一般の人には30年以上前の中古でも新品になるのか?という疑問があると思いますが、そこは専門家。もちろん時間はかかりますが調律師が手入れをすれば新品に近い状態に復元出来るものなのです。

ところで特に塗装の表面だけの傷じゃなくて破損していたりかなり深い傷がある場合にはどうするのか?やはりこれも調律師が時間をかけて修理するのです。次に多いのは結露による弦の錆ですね。弦の錆と言っても白く変色した軽い錆もありますが、茶色になっているかなり深い錆もあります。

この錆も滋賀県の楽器店やピアノ買取専門の業者の倉庫でまず錆を綺麗に取る作業から始めます。そして綺麗に錆が取れたら次に防錆剤を丹念に塗り、次からは弦の錆を防ぐものなのです。そして弦の錆がとれたら各アクション類をチェックして動きとか打鍵した時のハンマーストロークを見て調整します。ここで最適に弾けるように調整するのです。もちろん破損していたら部品を交換します。

次に鍵盤の深さを調整して一番弾きやすいように調整をするのです。このあたりは普段調律師がしている仕事の一環と同じですね。しかも打鍵した時に湿度の影響を受けていると重い鍵盤も多いし滋賀県の楽器店の倉庫やバックヤードでエアコンが効いていないと湿度の影響をもろに受けてしまうものなのです。

そして鍵盤のタッチを一通り調整したら今度はハンマーフェルトをチェックします。よく弾くお客様ほど、ハンマーフェルトに深い弦溝が出来るので、その弦溝を紙やすりで削って綺麗にして、次に硬化剤をハンマーの上下に塗ります。そして最後に針を刺して音質や音量を調整するのです。もっともこの作業は手間がかなりかかるし深くなければしない時も多いですが。

また鍵盤ですが昔一時期鍵盤に象牙が使われていた時期があり象牙の場合にはプラスチックと違い白色ではなく少し茶色に変色している時が多いのですが、この象牙の鍵盤のピアノを欲しがるお客様もいるので楽器店が買取りした後は、海外ではなく国内で流通する場合が多いのです。