スタインウェイピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


スタインウェイのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

スタインウェイのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったスタインウェイのピアノを売りたい

でも古いスタインウェイのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のスタインウェイのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

スタインウェイのピアノ買取相場と価格について

世界最高峰である最高級のスタインウェイピアノ買取相場と価格について果たして私が語って良いものか。まあ語りますね。実は語りたくてしょうがなかったのです。(笑)だいたい何百万円という高額の見積りが出ると思うし、実際に各楽器店や業者もかなりの高額買い取りをすると思われます。まあこんなのは私がいまさら書く必要がないと思うけど私も調律師という専門家なのでじっくり書きたいと思います。と言うか書かせて。(笑)

まあ正直な話しをしますが、新品でも何百万円から何千万円の値段だし、そしてもし中古でも値段があまり下がらないのでなかなか見たこともないと思うしだいたい楽器店にも置いていないですから。だからもし弾きたかったら専門店に行くか先生がひょっとしたら持っている可能性があります。まあ可能性は少ないですが。私も数回しか見たことがありませんね。もちろんコンサートに行くと何回も見ることが出来ると思います。

ところで買取りを依頼する人というのはいるのでしょうか?もうだいたい専門家だと思うし、楽器店の方もなかなか中古と言えど世界最高峰であるスタインウェイを見たことがないと思います。なので当然と言えば当然ですがかなりの高額買取りをすると思って下さいね。そんな時にもしネットでの一括査定を利用して見積りを出してもらったりすると一番安くつけた楽器店と一番高く値段をつけた楽器店は何十万円、いやいや場合によっては何百万円の差が出るかもしれないしだいたい楽器店の方も買い取りした方が良いのか考えてしまうお店もあるのかも知れないですね。

だいたいですね特に先生だとコンサートに使われる場合が多いし、練習用に使うなんてもったいない!と考えている人が多いと思います。まあ海外では当たり前だし先生が普通に練習用に使っていますけどね。実際にコンサートホールにはスタインウェイかベーゼンドルファーが置いてある場合がとても多いのです。音の響きやダイナミックレンジは最高だと思います。

まあそれでも最近では小ホールにヤマハもしくはカワイを置いてあるホールがありますし日本製品も負けてないですね。とは言うもののやはりまだまだだと正直な話し思います。そのクオリティなどを考えてもまだまだ改良の余地があると思います。

ところでここでせっかくですからスタインウェイピアノの歴史と解説をしたいと思います。ちなみに正式名称はSteinway&Sonsと言います。このロゴをコンサートに行くと見たことがある人もいると思います。家具職人であるスタインウェイさんは初めドイツで製作していたのですが、後にマンハッタンに移住して本格的にピアノの製作にとりかかったのです。まあ音楽の世界ではヨーロッパからアメリカ、またはその逆と言うのはよくある図式なのです。だいたいアメリカ自体がヨーロッパからの移民で出来た国だと思いますので。

まあ特に先生などにはおなじみの名前で、世界の中の最高級作品で世界中の音楽ホール、コンサートホールなどに置かれています。わたしもコンサートに行って逆に他のブランドをほとんど見たことがないような気がするほどに世界的に有名なのです。まあこれは技術もそうですが職人技で世界最高峰の技術で作られているからなのかも知れないですね。

だいたい手が大きい作曲家のラフマニノフやルービンシュタイン、そして来日したときに見せた超絶技巧の演奏家であるホロヴィッツや渋い演奏をするブレンデルなど世界中のピアニストが愛好し絶賛しています。もうこの話しは書いても書ききれないほどだと思いますし、世界中から絶賛、そして賞賛を浴びているのです。と言うかもういくらでも名前を出すことができますがそれを書くときりがないのでこの辺でやめておきますね。

また工房は意外かもしれませんがドイツのハンブルクとニューヨークのアストリアで生産をしています。だからよくニューヨークタイプとヨーロッパタイプと言われている所以なのです。つまりこの2箇所のみで製造をしているのです。このあたりに大量生産をしないで技術者のこだわりがある一品が出来るものなのです。

また設計や技術も最高に素晴らしくて、スタインウェイのピアノが世界最高峰の技術と言われる所以なのです。実際問題として高音はきらびやかでとても透明な音、中音は鋭いけどクリアな音、低音はとても置くが深い哲学的な音だと私は弾いて思います。まあこの辺りは個人差もありますし、好みの問題もあるのであくまで私見です。まるで一台でオーケストラの代わりになるような音の響きや厚みがあり特に音の響きに関してはもう文句がありません。

私も何回か弾いた事があるのですが、さすがにもう興奮してあまり覚えていません(笑)。とにかく細かいニュアンスの音を表現する時も指のタッチの微妙な力加減も忠実に音して反映させてくれるのです。しかも打鍵した時に無駄な力が必要なくそのまま素直に音が出る感じがするのです。いやいやこれは弾いたことがある人しかその感覚はわからないと思うし、感動を上手く伝えるのは難しいのかも知れませんね。

ところでこのハンマーアクションの動きは鍵盤を打鍵した時にスムースにロス無く力を伝えている印象がしたし、精巧なアクションの賜物だと思いました。つまり無駄の無い動きなので何時間弾いても疲れない、というのは少し大げさですね(笑)。とにかく細部にわたって細かい心使いがされていると感じました。とにかく繊細でありなおかつダイナミックである、そして特に音の共鳴増幅に関してはかなりパワーを感じ、無理なくピアニストの要求に答えてくれる名品だと思うのです。いやいやもうこれ以上書いても賞賛のことばしか見つかりません。

まあとにかく一度スタインウェイのフルコンサートグランドピアノを弾いてみたいものです。なかなか見る機会もないし、もし見てもコンサートホールにあるし、触らせてくれないでしょう。もちろん新品はもう何百万円いや何千万円もするでしょう。もう夢のまた夢の話しですね。いや一億円ぐらいするかもしれない。コンサートで一度見た事があるのですがとにかく大きく音も最高でした。選ばれた人しか弾くことができないんだろうなあ。いやいや正直うらやましいのです。まあいくらここで愚痴っても無理なものは無理だと思いますが。

⇒高く売る方法とは?