ガーシュインピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


ガーシュインのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

ガーシュインのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったガーシュインのピアノを売りたい

でも古いガーシュインのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のガーシュインのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ガーシュインのピアノ買取相場と価格について

今からガーシュインピアノ買取相場についてたぶんあまり聞いたことがないブランドだと思いますが、調律師という専門的な立場から高く売りたい人のために色々と書いていきますね。ところでたぶんあまり聞いたことがないブランドということで楽器店から見積りをもらった場合の下取り価格について少し不安を考えてしまう人が多いのでは?まあその気持ちは良くわかります。とは言うものの少しでも先にすすまないと解決は出来ませんので。

ところでかなり古いタイプで年代物の中古のガーシュインを各楽器店や業者からもし見積もり査定をもらった時になかなか満足した買い取り価格にならないと思います。なぜかというとだいたいは一社連絡するだけだと思います。そうなるとなかなか高額買い取りを期待しても難しいと思います。まあこれは少し考えると当たり前の話しですね。

それは有名ブランドじゃないからと考える人も多いと思いますが、下取りとして引き取りたい機種というのは業者によりさまざまでブランドに関係なく引き取る業者もいるのです。だからもし高額での買取りを期待したいのならそういう業者に見積りをもらわないといけないのです。まあそうなるとかなり面倒に感じた人も多いと思うし、無料でも良いので処分を考えた人もいるのでは?そう考えるのはちょっと待ってくださいね。

でもそんな業者の見つけ方はわかりますか?それはネットでの一括査定を利用すると複数の楽器店や業者に一度に見積りをもらうことが出来、しかも一番高い値段をつけてくれた業者に買取りを依頼すれば良いだけなのです。これはとても便利だしどんどん利用した方が良いと思います。

つまり楽器店や業者にまず最初にする事といえば一括査定を依頼してガーシュインの見積もり金額を聞くことです。複数の見積りをもらうのが第一歩と言えるでしょう。まあ最近では仕事に忙しい人などはいちいち店舗に出向くのは面倒じゃないですか?私も面倒だと思うし、ネットで用件が済むのならネットを賢く利用した方が良いと思います。だいたい家にいながら取り引き出来るのですからこんな便利なものは今までなかったと思いますね。

ところであまり聞いたことがないと思いますが少しここでガーシュインピアノについて詳しく解説したいと思います。ちなみにスペルはGERSHWINでたぶんクラシックに詳しい人は作曲家の名前を思い浮かべたと思います。あのジャズとクラシックを融合させた作曲をした人です。私も大好きな作曲家です。でもですね、まるで海外製に思われがちですが、実は日本で作られていて、製造しているのが東日本ピアノ製造という場所で販売しているのがバロックという会社なのです。たぶん聞いたことがないのかも。

実はガーシュインピアノについて書きますがとてもこだわりのある作りをしていて、レンナー社製というハンマーを使い、ペダルの感覚(これはペダルを踏んだ時に軽くしたり重くしたりする機能をGERSHWINにつけたのです。今思えばかなり画期的な機能ですね。)を変えられる機能をつけたりしてとにかくGERSHWINというモデルはこだわり抜いた製品だったのです。いやいやまさしく職人が作った芸術品といえるのでは?だいたい職人というのは細部までこだわるのが大好きな人がとても多いのですから。

そして色はワインカラーが主体で音の響きとしては特に低音に対して重厚な音と伸びがかなり強い印象を受けました。これは音の厚みが凄いと表現した方がわかりやすいのかも知れませんね。そして一番弾くと思われる中高音はきらびやかな音で生徒さんにももちろん先生にも人気のモデルなのです。つまり普通に弾いてもかなり弾き応えのある機種と言えると思います。もちろん細部にわたりこだわりがあるだけに繊細な音を出すのにも適していますがそれはあくまで上手い人が弾いた場合なのです。

またあの有名な作曲家と同じ名前ですが、アップライトモデルの中ではかなり音量が大きく、音質はまるでグランドを再現したかのような印象を受けました。つまり手作りが持つ繊細な細部に至るこだわりがそういう音作りに反映されているのだと思います。これはまさしく芸術品だと私は個人的には思いました。まあこの辺りはあまりこだわりのない人からするとどうでも良い話しだとは思います。

⇒高く売る方法とは?