函館市でピアノ買取してほしい

函館市でピアノを売るならピアノ買取査定がおすすめ

私はピアノ調律師という仕事をしています

函館市でピアノを売りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と業者は高く買取りしてくれるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と業者は高い値段で買取りしてくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、函館市にある業者にピアノを売るなら、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして業者にピアノ買取してもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ピアノ買取査定を利用した人の口コミ

函館市でピアノ買取査定を利用した人の口コミを書きますね。

函館市50代男性・ヤマハピアノU3:買取査定価格81000円
もう弾かないので売りに出しましたが予想よりも高値で買取してくれました。
ネットってあまり信用していなかったけど大変満足しています。

函館市60代主婦・カワイピアノKS-2F:買取査定価格60500円
子供が音楽教室をやめて不要になってしまったので査定に出しました。
だいたい3万円ぐらいの値段を考えていたので、思ったよりも高い値段で買取してもらいました。

函館市40代女性・ヤマハピアノU1:買取査定価格58000円
かなり古いピアノだし、傷がついているのであまり期待しないで査定にだしました。
でもまさか5万円以上の値段がつくとおもっていなかったです。

ピアノ買取査定を頼む時の入力項目

函館市でピアノ買取査定を頼む時の入力項目について解説します。

  • メーカー:ヤマハ・カワイ・など
  • 品番:U3H(ヤマハ)・US50(カワイ)など
  • 製造番号:777777など。
ちなみにメーカーは鍵盤の蓋を開けた所に金色の文字でYAMAHAなどと書いてあります。
品番と製造番号はピアノの上蓋を開けると、黒い文字で書いてあります。

  • ペダル本数:2本・3本
  • ピアノの色: 黒の艶出し 木目の艶消し ワインカラー艶出しなど
  • ピアノの状態: 大きな傷・鍵盤が重い・ペダル破損している
  • ピアノの置き場所:お風呂・台所の近く
※ピアノは湿度の影響を受けやすいので置き場所は重要です。

もしわからない事があれば、函館市でピアノ買取査定を依頼する時に備考欄に質問を書きましょう。

業者にピアノを高く売る方法

北海道の函館市にある業者にピアノを高く売る方法を知りたい人。

だいたい30年以上前に買った古いピアノを売りに出す家庭が多いのですが、古いと本当に業者や楽器店が買取りしてくれるのか少し不安になってしまう人が多いものです。

そんな時にはネットでの一括査定を利用するのがおすすめです。

この一括査定とは業者から一度に見積もり査定を貰う事が出来ます。

つまり中古ピアノを高く売るには業者の見積もり査定額を比較するのが一番分かりやすいわけです。

そしてその中から一番高い値段をつけてくれた楽器店や業者に売れば良いわけです。

だいたい楽器店や業者の見積もり査定額を比較しないと一番ピアノが高く売れるのか分かりませんから。

特に最近ではネットを利用して取り引きをする人が多く、パソコン以外でもスマホやタブレットを使って、24時間いつでも売買できるわけです。

またネット一括査定のメリットとしては函館市にある楽器店やピアノ買取業者に自分で連絡をしなくて済むわけです。

しかもネット見積もり査定は無料で利用できるのでとても便利。

そして函館市にある業者に見積もりに来てもらって、売却額を決めて後はピアノを引き取りしてもらえば良いわけです。

もちろん製造されてから40年以上経っていて、あまりにも古いピアノだと売るよりも処分を考える人も出てきますが、処分するとお金がかかります。

だから処分するよりも、値段がつけば売った方が良いわけです。

業者のピアノ買取相場

函館市の業者のピアノ買取相場について書きます。売る時の参考にして下さいね。

30年以上前の中古ピアノの買取相場は、メーカーにもよりますが最低でも1万円の値段がつき、最高額では30万円以上の値段がつきます。

それはピアノの外装の傷が少なかったり、弦が錆びていなかったり、鍵盤もスムースに動いたりする場合、函館市の楽器店や業者は相場金額が高い値段になる可能性があります。

例えばヤマハピアノのU1は30年以上前に販売しているので買取相場は1万円ぐらいになりますが、状態が良ければ高い値段で楽器店や業者に売る事が出来るわけなのです。

でもいくらヤマハピアノでも発売から年数が経っていると音も狂ってくるし、弦も湿度により錆びる時もあります。

だから業者の買取相場価格が3万円以上つく機種はヤマハのU3Hとかだいたい10年から20年ぐらい前の比較的新しい機種になります。

その前に製造したモデルだと函館市にある業者や楽器店がピアノを買取りをする場合にも若干値段が下がる可能性もあります。

でも調律師が手入れをして中古を修理して音を合わせて部品を交換さえすれば新品に近い状態に店頭に新しく並べる事も出来ます。

だからもし中古ピアノの買取相場よりも高い値段をつけてもらいたいのなら、時々鍵盤蓋を開けて風通しを良くして、保管状態に気をつける必要があるわけです。

つまり調律師が楽器店の買取担当者と一緒に見積もり査定に同行した時に鍵盤蓋をあけて、中を見てハンマーフェルトの状態を見ます。

そしてよくピアノを弾く家庭だとハンマーフェルトに深い弦溝がついているのでヤスリで磨いて最後に硬化剤を塗って仕上げる必要があり、弦が切れていたら当然修理しないといけないわけです。

だから手間がかかりそうだと一般的なピアノ買取相場よりも査定額が1万円ぐらい落ちる可能性があるわけです。