ロレックスピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


ロレックスのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

ロレックスのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったロレックスのピアノを売りたい

でも古いロレックスのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のロレックスのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ロレックスのピアノ買取相場と価格について

まずはロレックスのかなり古い中古ピアノを楽器店に売りたい場合の買取相場と引き取りの業者との価格について色々と書きますね。つまりだいたいにおいて最初はどの程度の価値がつくかかなり心配する人も多いのでは?だいたい価値そのものが一般的にはなかなかわからないと思います。つまりだいたい専門家の考える値段と一般家庭における価値の差がけっこうあるのです。

ところでROLEXという名前を聞いてたぶん某時計メーカーのブランド名を思い出したと思いますが実際はROLEXは、大成ピアノ製造の協立楽器のブランドなのです。つまり名前は同じでも全然違います。だから決して世界的に有名な時計のメーカーではないのです。まあ勘違いする人も多いとは思います。普通は勘違いしますよね。専門家でもある私も最初は名前を聞いて勘違いしました。(笑)まあそれでもだいたいにおいてあまり宣伝しなくても印象的な名前ですよね。一度聞くと忘れられない名前です。

ところでロレックスで特に有名な人気のモデルはRXシリーズでRX230が特に売れた機種なのです。ちなみに人気の色はワインレッドで艶がとても綺麗な人気の機種なのです。そして全てが手作りで出来ているので音の一つ一つがハッキリしていて演奏をしてもしっくりくるのです。まあこのあたりは人それぞれだし好みの問題も大きいと思います。もちろん低音が重厚な音が好きな人もいるし、人それぞれの好みってなかなか難しいと思います。

ところでとても古いし、かなりの年代物の中古のロレックスでやはり最初に一番気にするのはやはり聞いた事のないブランドだから実際の買い取り価格がどの程度になるのか?果たして楽器店がどの程度で買取りしてくれるのか?一番気になるところだと思います。実際に値段が付けばよいのですがほとんど値段がつかなかったらどうしようなんて考えてしまうと思います。

そんな時に一番役に立つのがネットでの一括査定のシステムで色々な楽器店や業者の見積り価格が一度にわかるし、おのおのの金額を比較できるので、特に高く売りたい人にとってはメリットだらけなのです。つまり一番高く売ることが可能になるのです。だいたいにおいて担当者とか私みたいにプロじゃないと金額はなかなか分からないしだからこそ査定に出さないと分からないものなのです。

つまりだいたいにおいてロレックスはたとえ古いモデルでかなり年代的にも中古だとしても最近では海外に輸出用に業者が引き取る場合も多いので買い取りが可能になっているのです。つまり意外とまだまだ売れる機種と言えるのです。もちろん買取金額はそれぞれ業者により当然かなり幅がありますが。

つまり中古のROLEXの場合だと最初にかなり買取り金額に幅があり、たとえば調律を長い間どの程度していないのか、そして弦は湿度の影響を受けてさびていないか、鍵盤は動いて音はスムースに出るのか、そして外装の傷はどの程度あるのか、これらをトータルで計算してさまざまな角度から査定金額を導き出すのです。だからあまり細部にこだわるよりも全体を見て金額を決めるのです。

と言うのはある程度は大まかに決めないとキリがないし、大部分は引き取りしたあとでも調律師が手を入れればかなり元に戻るのであまり神経質に考えてもしょうがない部分がありますね。

つまり各楽器店で見積りの金額がばらばらな理由はここにあり、例えば傷の有無により査定金額がかわる時もあり、他にも音がちゃんと出ているかどうかも査定基準になっていたりするのです。他にも下取りたい色なのかどうかなどかなり引き取りに幅があるものなのです。

そしてやはりロレックスを引き取りたい業者や楽器店の場合もどこに査定の基準を置くかによっても、かなり買取りの金額がかなり変わるものなのです。まあこれは当たり前の話しでどの程度の品質を保っているかも査定の基準にもなります。つまりなかなか品質を保つためには掃除や常に外装を綺麗に磨いていないとなかなか保てないものなのです。

だいたい引き取りをした場合でもたいがいは調律師が引き取りした後に手入れをして調律をしたり、色々なところを修理したり消耗した部品を交換したりするのです。実際に部品交換にはお金がかかるし、もし弦が錆びていたら磨いたり防錆剤を塗ったりと手間がかかるぶんだけに査定額に影響をするものなのです。

⇒高く売る方法とは?