イースタインピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


イースタインのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

イースタインのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったイースタインのピアノを売りたい

でも古いイースタインのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のイースタインのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

イースタインのピアノ買取相場と価格について

これからイースタインピアノ買取の相場について調律師としてかなりの範囲を考えても特に専門家として色々な視点から書きますね。ところで最初に考えるのは今まで弾いていたけどもうかなりの年月が経ってしまってかなり古い。つまり中古の状態でも楽器店に査定を依頼した場合に見積り金額がいくらぐらいになるのか?一番気になるのはどんなに古くても高く売る方法はないのか?だと思います。実際問題として新しい方が有利なことは確かで下取りに出す時にもより新品に近い方が価値が高くなる傾向になります。

つまりイースタインのピアノのだいたいの買い取り相場を最初にかしこく知り、その後に値段を元に実際に高く売りたい人が下取りに出せば特に良いと思うのです。では一番良い方法とは何でしょう?はたしてどの程度の価値があるのでしょうか?それは無料で利用できるネットでの一括査定を利用することなのです。この一括査定のメリットは複数の楽器店や業者から一度に見積りがもらえます。

そしてその見積り価格を参考にして各楽器店の金額を比較して、とにかく一番高く買い取りしてくれる楽器店や業者を選べば良いだけなのです。とても簡単な理屈なのです。つまり実際に査定を依頼してみるとわかりますが買取りの金額がバラバラなのです。実際にその差は数万円の違いになって現われるので一括査定を利用しないのはもったいないと思います。

だから楽器店に高く買取りしてもらうにはまずどんなに古くて動きが悪い年代物の中古でも楽器店や業者との交渉次第で買取りの値段が変わることが多いのです。その交渉にも一括査定なら一編で複数の楽器店から見積りがもらえるので一番高い見積り金額をつけた楽器店に売れば良いだけなのです。これって非常に簡単な理屈だと思いますがどうでしょう。シンプルに考えればわかることなのです。

ところで日本だと代表的なメーカーと言えばやはり初めに思いつくのはだいたいがヤマハだと思います。バイクや他の楽器を製作しているのでも有名ですね。また河合楽器、通称カワイの場合だとピアノ一筋のイメージがあります。まあ実際にはそんな事もないのですが。ではそのブランド以外の場合には高く買取りしてくれるのでしょうか?

だいたいあまり聞いた事のないブランドの場合には下取りに出しても買い取りしてくれるのか?値段が少しでもよいのでつくのかどうか心配になる人も多いと思います。まあその不安を持つ気持ちは良くわかります。実は最近の傾向として無名のブランドを業者が引き取りをしてある程度の台数が集まったら一編に海外に輸出をして稼ごうという考え方なのです。つまり海外の輸出用に引き取る場合がとても多いのです。まあこれは考えなくても最近の傾向を見るだけでもわかると思います。

まあこれは考えたら当たり前の話しで、もう日本国内には全国に普及しているし、国内では実際問題としてもうあまり売れないのが現実なのです。しょうがない話しですね。だからせめて海外に活路を見出すのが商売の基本だと思うのです。特に海外、特にアジア地区はまだまだ普及していないしこれからまだまだ伸びると思いますよ。

ここでイースタインピアノの歴史について少し書き足したいと思います。まあだいたいの概要は分かったと思いますが追記で色々と書きたいと思います。でもだいたい歴史と言うのはなかなか解説が難しく特に技術者のこだわりや色々な思いが交差してなかなかちゃんと正確に伝わるのかどうか難しい問題もかなりあると思います。

ところでEASTEINと言われてもあまりピンと来ない人が多いと思います。このスペル自体あまり見たことがないと思います。とは言うものの実は一部に熱狂的なファンがいて歴史はかなり古いのです。そして名前は洋風なので勘違いしやすいのですが完全に日本の製品なのです。

たぶん聞いた事がないと思いますが松尾新一さんという技術者の人が栃木県の宇都宮市に会社を作りました。楽器の街ではないのがミソですね。もちろん工場での大量生産ではなく一台一台が完全に手作りなのであまり台数を作ることが出来ませんでした。つまり職人の技の結集と言えるのです。まさしく職人技の日本の本質を行っていると思います。

だいたい日本ではあまり目立ったブランド名はないのですがこのイースタインピアノに関しては一部の熱狂的なファンに支えられています。だいたいEASTEINというロゴ自体がまるで日本製品じゃない感じを与えるのが大好きなのです。でもなぜ一部に熱狂的なファンがいるかというとそのデザインと音質。手作りによる個性的な音の感性。もちろん好き嫌いが激しいと思うし、好きな人は大好きだけど嫌いな人は興味がないと思います。まあ嫌いな人はいないと思いますが。

私もこれでも技術者だから理解できるしわかるのですが、イースタインモデルは製造過程でかなり細部にわたってこだわりを持って作ったのがわかります。実は以前一回だけ知り合いの楽器店でブリュートナーというヨーロッパのモデルを元に作られたイースタインピアノを見たことがあります。いやいやなんと言うかとてもじゃないけど日本人が作り上げたものに見えなかったです。

そして実際に弾いてみたのですが、イースタインモデルは今ではとても珍しい象牙の鍵盤を使っていて鍵盤自体は少し茶色に変色していましたが、弾いた瞬間のあの指先に伝わるなんとも言えない感触は今でも覚えています。しかも当時としては珍しく足が猫みたいに少し曲がっているデザインなのです。このデザインは後世のデザインに少なからず影響を与えたと私個人は思っています。つまりこういうのはどんどん進化するものです。デザインは試行錯誤もあるし、人気のデザインも時代によりあると思うのです。

私の個人的な感想ですが弾いた感じだとまず音色はとても澄んで明るくて、かなり音量が大きくダイナミックレンジはとても広く、遠くへ音が届くような感じがしました。しかも低音部はかなり深みのある音が出た記憶があります。これは一台でオーケストラを演奏できるような雰囲気を持ったモデルに感じたものなのです。

⇒高く売る方法とは?