中古のピアノを売る時の相場

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


中古のピアノを売る事ができるか知りたい人へアドバイス

私はピアノ調律師という仕事をしています

中古のピアノを売る事ができるか知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

中古のピアノの価値について

ところでまずは中古のピアノの価値について考えましょう。

特に中古だからって売れないという事はないんです。特に最近は楽器店や業者も積極的に買取りしているので一度見積もりに出して見ましょう。案外高く売れるかも。

⇒ピアノを高く売るには?

たぶん中古で買ったピアノは売るのは難しいと思っている人が多いのでは?いえいえ十分価値がありますよ。もちろん新品で買ったものを売るわけじゃないからそんなに高い値段は期待しない方が良い、価値が低い・・・と思いがちですよね?

実はそうでもないんです。調律師としての立場から専門的に言うと結局はどんなものでも需要と供給の関係なのです。需要があれば高く売れるし、需要がなければ売れない、ただそれだけの話しなのです。

しかも中古でも相場よりも高く買取りしてくれる業者がいると思うので一度見積もり査定に出すのも良いと思います。特に需要がまだまだ海外にはあるので業者は買取りしてくれると思うので。

実際には予想よりもかなり高く買い取ってもらえる場合が多いし、まだまだ需要があると言えるのでしょう。え?でも国内ではそんなに需要があるとは思えないけど?そう思ったあなた!するどい!実は国内じゃなくて海外に輸出するために業者が買い取る場合が特に最近は多いのです。

つまりかなり古い30年以上前の中古のピアノを売る時の相場を知るためにもまずは業者から見積もり査定を貰いましょう。案外高値が付いたりしますので。というのは買取業者は海外に輸出する時が多いのでそのままにしておくのはもったいないと思います。

だって国内需要はもう飽和状態で楽器店でもなかなか売れないし、だいたい習う生徒の数自体がとても少ないし、国内では先細り状態と言えるのです。だから音楽教室の経営もなかなか大変な時代みたいですよ。だいたい生徒の数がどんどんと減ってきて習う生徒数が減っているわけですからなかなか厳しいものがあると思います。

音楽教室にしても先生も生徒さんが少なくなると個人で教える先生もいますが、やはりなかなかこの先生徒さんが増えるとは思えない時代になってきていると思います。

それに比べてまだまだ発展途上のアジア市場。まだまだこれからもアジア市場は伸びますよ。いえいえ日本市場に比べて裾野がかなり広いんじゃないかな?ヨーロッパは本場のメーカーがありますから太刀打ち出来ませんが、やはりこれからはアジアの時代ですよ。

特にまだまだ普及していない国がたくさんあるとこの先を考えても日本国内は少し厳しいかも知れないけど世界に目を向ければまだまだ伸びる可能性があるわけです。また見積価格についてですが楽器店や業者によってかなり金額的には差が出てくると思われるのでまずは査定を貰って相場よりも高い金額をつけてくれるかどうかチェックしましょうね。