ヤマハやカワイのピアノを売る

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


ヤマハやカワイのピアノを売りたい人へアドバイス

私はピアノ調律師という仕事をしています

ヤマハやカワイピアノを売りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

ヤマハやカワイのピアノについて専門家の視点から解説します

日本の2代代表ピアノメーカーと言えばやはりヤマハ(YAMAHA)やカワイ(KAWAI)!この2代代表メーカーについて私調律師として、専門家の視点から色々と解説しますね。

ところで売る時にはどちらのメーカーが高く引き取ってくれるのか気になりますよね?実はこれはメーカーと言うより今人気の機種だったり流行りの形だったりするのです。だから高額で売るには今一番のトレンドが何かという事です。でも実際は古い機種だったりするので、その点はあまり気にしなくて良いと思います。

ただ家電に比べて、たとえ古くても売る事が出来るのが一番のメリットだと思いますね。

ところで音楽教室を運営していると言えばやはりこの2社が代表で後はだいたい個人で教えている音楽教室だと思います。もっとも小さいメーカーもありますが、割愛しますね。

ところでヤマハとカワイの違いは何でしょうか?ここからはあくまでも私個人の意見なのでその点はご容赦下さいませ。まずはタッチの違いですが、これは機種によって違いますが、メーカーの差というより、ピアノの置き場所や部屋の環境によって違います。

え?初めて聞くよ!実は部屋が湿度が多いと鍵盤は重くなり、音は少しくぐもってくるのです。つまりメーカーの差というより、置き場所の環境と言えるのです。あれま!もちろん機種の差も多少はありますが、やはり部屋の環境が一番影響するものなのです。

また年数が経つと徐々に音が落ち着いていきます。調律していてはっきりわかります。もちろん環境によってはなかなか音が安定しない場合も多いものなのですが。特に日本の高音多湿の環境では安定するまで時間がかかってしまうのです。

なんだあ!つまりメーカーの差と言うよりおき場所や部屋の環境によって弾きやすかったり弾きずらくなったりするのです。意外とこの点は無頓着なお客様が多いような気がします。やはりヨーロッパ発祥の楽器ですからヨーロッパと同じ乾燥した空気の状況が一番安定するのです。

ちなみに最近かなりの数のサイトを追加して更新しました。調律師としての立場でさまざまな現場に出会い、そしてさまざまな事象に会ったので専門家の立場から色々とお役立ちアドバイスが出来たらと思います。また新たな機種やモデルも追加しました。

⇒ピアノを高く売るには?