クロイツェルピアノ買取

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


クロイツェルのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

クロイツェルのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったクロイツェルのピアノを売りたい

でも古いクロイツェルのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のクロイツェルのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

クロイツェルのピアノ買取相場と価格について

ところでクロイツェルピアノのだいたいの買取相場と各業者や地元の楽器店でもし見積りを貰った時の中古の引き取り価格について色々と書きますね。とは言うもののあまり古いと心が折れる人も多く、あまり気が乗り気じゃない人も多いのです。まあ実際にはそんなに心が折れる必要がないのですけどね。まあ気持ちは私も理解できます。

つまり最初に考えるのが特にかなり古い年代物の中古だった場合にはやはり一番のネックは買い取り価格が本当につくかどうか心配の人も多いのです。ひょっとしたら一円もつかないんじゃないか?それどころかお金がかかるんじゃないか?そんな不安があると思います。

でもそんな時に特に役に立つのがネットでの一括査定なのです。ちなみにメリットは何と言っても一回の査定ででさまざまな業者や楽器店から見積りをもらえて、その各買取り価格がわかるので当然比較検討できてその時に一番高い値段をつけた楽器店に売れば良いのです。つまり一番高く売りたい人には最高のシステムなのでおすすめなのです。

またクロイツェルをもし楽器店に買取りしてもらいたい時に、実際にどの程度の見積りの値段がつくのかわからないし、一社だけだとそのまま売ってしまう場合もあります。だって面倒じゃない?もう使わないし、部屋に置いていても邪魔になるだけだし。もちろん中古でかなり古いとお客さまの方も面倒に感じて言い値で売ってしまう場合もあるのです。これではとてもじゃないけど高く売る事が出来ません。もっとも楽器店からすると楽なお客さまということになってしまいますが。(笑)

つまり業者や楽器店のいいなりになると向こうだってビジネスですからなるべく安く買取りしようとする訳なのです。これはまあどの業界でもそうですが、当たり前の話しなのです。しかもあまり知識がないわけですから担当者のいいなりになって売ってしまうのです。

だからこそ一度冷静になって一括査定に依頼してどの楽器店や業者が高く買い取りしてくれるのか調べる必要があるのです。例え古くても中古でも取り引きはある程度強気で攻めた方が良いと思いますよ。つまりどうしても弱気になってしまう人がとても多いのは事実ですね。だからもう面倒になりやすくても良いので売ってしまう人が多いのは確かなのです。

ところで最初にクロイツェルピアノ(KREUTZER)と聞いてたぶん外国製?特にドイツとかオーストリア製?と思ったあなた!ドイツ語に堪能ですね♪ベートーベンのバイオリンソナタの9番にクロイツェルソナタという有名な曲がありますのでクラシックに詳しい人はピンと来たと思います。でもあのソナタとは全然関係ありません。

実は静岡県の浜松市にあるメーカーで熟練の職人たちが丹念に手作りで作成した一品ものなので、一部の人たちに大特にマニアには人気のメーカーなのです。しかももう一つ有名な話しですがディズニーランドに行った事がある人なら見たことがあるかな?あの中にある自転車ピアノを作ったメーカーなのです。え?そうなんですか?たぶん驚いた人も多いのでは?そうなのです。案外知らない人が多いのでは。

もちろんいくら一部の人に人気でも世間一般の認知度は日本では特に有名なヤマハ(YAMAHA)やカワイ(KAWAI)と比較するとかなりマイナーなメーカーのイメージがありますが決してそんなことはないのです。もちろんなかなか認知されないもどかしさはありますが、それはプライドを持って作っている技術者ですからそういう売り上げに関してはあまり関知しない人が多いのです。まあ技術者と営業との違いですね。これはどこの会社でも起きている現象だと思います。

ちなみにモデルを少し紹介しますね。KEシリーズ(503・504・505・600・600CUSTOM・600Fenster・600Klang・603・604・605CUSTOM・703・803)。Lシリーズ(20W・31W・31WS)などなど。他にもさまざまなモデルがありますがここに書いたのは代表的なモデルです。他にもさまざまなモデルがありますが、人気モデルはその中の一部でだいたいにおいてどんどん作成して色違いだったり塗装の違いだったり中に使われている部品が違ったりとモデルチェンジを繰り返しているのです。

⇒高く売る方法とは?