アポロピアノ買取相場

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


アポロのピアノの買取り相場が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

アポロのピアノの買取り相場が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったアポロのピアノを売りたい

でも古いアポロのピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に中古のアポロのピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取りしてもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

アポロのピアノ買取相場と価格について

ところで最近特に人気のアポロのかなり古いモデルである20年以上前の中古のピアノ買取相場について専門家である私、調律師としての立場から色々と書きますね。特になるべく高く売りたい人には色々なコツも教えますね。

最初に業者や楽器店がすることは顧客から見積りをして、次に交渉してその後に相手が納得してくれれば買い取りします。そしてそのあとの作業ですが私たち調律師が一通り、手入れをしてまた店頭に並ぶ事もあるのですが、実は最近のトレンドとしてはかなりの台数を輸出する場合がとても多いのです。

だからAPOLLOモデルを楽器店が引き取りした後に私たち調律師が手入れをして再び楽器店の中古ピアノとして並ぶこともあるし、そのまま海外に輸出される事もあるのです。これはやはり店長の考え方と下取り価格の金額にもよります。それにどの程度のクオリティかにもよるし、あとは店長さんがこの先も店頭に並べるのか、それとも手放して海外に輸出する業者に渡すのか色々なパターンが考えられるのです。

ところでアポロでかなり古いモデルの中古は楽器店や業者の買取相場についてですが、かなり有名なブランドだし、音もかなりしっかりしているのでかなりの高額の見積りも期待出来るし、価格的には何十万円の買取りの値段がつく時もあるのです。もちろん一番大事なのは外装の傷とか湿度の影響を直接受けていないかなどさまざまな要素がからみあい値段に反映するのですけどね。

つまりもしアポロで20年以上もの前のかなり古い中古品だとしても、このAPOLLOというブランド名でかなり知名度がありよって高く売れる可能性もあるのです。つまりやはりブランド力の力は強いと思うし、どうしてもブランドの知名度に頼る部分はあります。もちろん製品そのものもとても素晴らしいというのもありますけどね。

ところで楽器店に中古で売った場合、買い取り依頼する前に一括査定を利用して何件もの楽器店や業者に一編に見積りを貰うのが一番簡単な方法なのです。それは無料で出来るネットの一括査定を利用して見積りを一編にもらえるのです。だいたい自分で一軒一軒電話をかけたり連絡する必要がないし面倒なことは全てネットでの一括査定サイトに任せれば良いのです。当たり前の話しですがせっかくネットという便利なものがあるんだし、どんどん利用しましょう。

ところでここでアポロのピアノの歴史の概略について書きますね。APOLLOというブランドは東洋ピアノという会社が製造していて意外と有名ですよ。もちろんヤマハもしくはカワイよりはあまり知られていないのですがそれでも会社の規模は大きく、実際の楽器店の買取相場も意外と高い値段が付く場合が多く高く売りたい人にとってはかなり期待値の高い会社の製品と言えるのでしょう。だいたい最近ではブランド名にかかわらず下取りする傾向の業者がとても多くなってきていますけどね。

また最大の特徴はアップライトでありながらグランドピアノの音にかなり近い再現性を持っていて、かなり音量と音質ともにハイクオリティの製品と賞賛されているのです。標準のモデルはA1・A2・A3など他にもさまざまな機種があり人気を博していますつまりユーザーに支持されている人気の機種を見てもかなり幅があるのがわかるのです。

そしてグランドピアノも製造している会社なのでかなり規模が大きいのがわかると思います。つまり中古のアポロ製を売りたい時にはかなり価値があり、実際の楽器店での買い取り相場が期待出来るし、考えていた相場よりは高く売ることが出来ると思います。この考え方は最近特に多く、国内ではなくて海外を相手にしている場合には日本人が思っているよりはそんなにブランドにこだわらない人たちも世界に多くいるのです。

だいたいにおいてブランド力も関係ありますがそれ以上に製品の完成度も関係するし、音の好みも千差万別なのでその好みに応じて下取りに出して引き取り、そして製品として再出発させるのです。実際に音の好みは人それぞれだし、好きな音色もそれぞれ分かれるので一概にこの音が良いとはなかなか決められないものなのです。

だって派手な音色が好きな人は音量もある程度出ないと不満になるだろうけど、渋い音が好きな人は音量よりも音色にこだわると思うのです。つまり人それぞれだと思うのです。

⇒高く売る方法とは?