ピアノ買取 兵庫県加古川市

★口コミで人気のピアノ買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒ピアノを高く売る方法を教えます。


兵庫県加古川市でピアノ買取価格が知りたい

私はピアノ調律師という仕事をしています

兵庫県加古川市でピアノ買取価格が知りたい人

調律師の観点から、ピアノは価値があり、古いピアノでも意外と高く売れるお話をしますね

もう誰も弾かないし、不要になったピアノを売りたい

でも古いピアノだと値段がつくのかな・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古いピアノでも査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ピアノ買取査定がおすすめです

⇒ピアノ買取査定はこちら

また引越しの時に不要のピアノを処分する人もいますよね。

でも処分だとお金がかかってしまうので、査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒ピアノを高く売るには?

兵庫県加古川市でピアノ買取の相場が知りたい

兵庫県加古川市でピアノ買取の相場が知りたい人。

ピアノ買取について兵庫県加古川市で楽器店に連絡するのってちょっと面倒!

だからネットで一括査定を申し込みましょう。まずは相場を知る事から始めましょう。もちろん地域事に対応してくれますよ。

⇒ピアノを高く売るには?

最初に兵庫県の楽器店に中古ピアノを高く売りたいと思っている人。もう弾かないから手放す予定の人はピアノ買取価格を知るために加古川市の買取専門業者に見積もりを貰いましょう。その時にネットの一括査定を利用すると楽器店や業者の中で一番高く買い取りしてくれる店舗が分かります。

また加古川市にある楽器店にヤマハU2の見積もり査定額が欲しいお客様のところに調律師として一緒に楽器店の買取担当者と行きました。ちなみにヤマハのU2は30年以上前に発売された機種です。まずは外装を見て傷の有無のチェックしました。大きな傷はなさそうです。

つまり兵庫県にある楽器店から買取相場を高くもらうコツとしてはまず外装に修正が必要な傷が無い事が一つの条件になっている事があります。他にも塗装が日光によりはげていないかですね。日当たりの良い場所に置くと日が当たった部分が少し塗装がはげてきてしまう時があるからです。これは置き場所として気をつけないといけないですね。しかも日光は光沢ばかりでなく表面の塗装も剥がしてしまう作用があります。

次に鍵盤の蓋を開けて鍵盤の状態を見ましたが特に鍵盤で欠けているところはありませんでした。その後に打鍵して鍵盤のタッチを88鍵全部見たのですが、やはり少し湿度の影響を受けて鍵盤のタッチが重くなっていましたね。これは年数が経つとしょうがないんですけどね。加古川市の楽器店の担当者の人も調律師である私と同意見でした。

そして鍵盤の蓋を開けた後には全部外装を分解して中を見ました。ハンマーの動きや各アクションの動き、そして弦の錆の状態とか様々な部分をチェックしました。ハンマーの先に溝が出来ていないかもチェックしました。まあ結局は、兵庫県にある楽器店やピアノ買取専門の業者が引き取りした後には倉庫などで調律師が手入れをして中古を新品に近い状態に再生するんですけどね。

でもやはり加古川市の楽器店としては調律師の人には最低限の作業で済ませたいという優しい心がありますから、音の狂いはしょうがないとしても他に大変な作業、例えば弦がかなり広範囲に錆びていたりすると調律師も錆を取り防錆剤を塗ってから調律するので時間がかかり、よって兵庫県にある業者でも弦が錆びている場合はピアノ買取相場よりも安い値段がつく時があるのです。

他にも加古川市にある業者の大きな倉庫内では輸出の為の準備をするために調律師が日夜作業をして中古を新品に近い状態に再生しています。クリーニングやオーバーホール、そして再塗装などあらゆる作業をします。もちろん鍵盤のアクション類を調整は当たり前で弦の錆も一度に取り、そして一度に防錆剤を塗り少し安定してから調律を行い音程を合わせるのです。

実際に加古川市にある楽器店が閉店した後に調律師が作業をする事があります。中古を新品に再生して再び店舗に展示して売るためです。調律師の手に掛かれば例え30年以上前に販売されたカワイK-20などの中古でも調律師が手を入れる事により新品に近い状態に再生出来るからです。

だいたい兵庫県にある業者の場合にも楽器店と同様に調律師が最終的に新品に近い状態にしますけどね。もちろんその為に台数を揃えて一度に調律をしたり整調をしたりします。ただ加古川市の楽器店と大きく違うのは兵庫県にある買取専門の業者はとにかく大きな倉庫で一度に調律師が作業するわけです。だから大きな倉庫には100台近く中古のピアノがあります。

そして加古川市の楽器店の店頭に並べたいのはヤマハなのかカワイなのか、それともメーカーにこだわらないのかで必然的に見積り額が変わるのです。だってもしヤマハU3Hの見積もりを依頼されて店頭にヤマハU3Hを置きたかったら一致するので少し相場よりも高い値段をつける可能性があるわけです。

また最近の傾向として兵庫県にある輸出専門のピアノ買取業者がメーカーに関係なくひたすら買取りをして大きな倉庫で調律師が中古を再生するべく作業をして新品に近い状態にして外国に輸出するのです。これは加古川市にある楽器店の場合には店頭に並べるわけですが兵庫県にある買取専門の業者の場合には主にアジアになるべく多く輸出するのでメーカーに関係なく台数が欲しいわけです。